肛門外科

おしりに近い肛門、直腸周囲に生じる良性・悪性疾患に対する
外科治療を行います。

おしりに近い肛門、直腸周囲にはいろいろな疾患が生じます。痔核・痔瘻・肛門周囲膿瘍といった良性疾患の頻度が高いです。これらに対し外科治療を含めた治療を行っています。また直腸脱に関しては会陰からのアプローチのみならず、根治性が高い腹腔鏡下直腸固定術を行っています。
特に当院の特徴は日本大腸肛門病学会の専門医・指導医が肛門近傍に発生した直腸癌、肛門管癌といった悪性疾患に対し、積極的な根治術を行います。できるだけ身体に負担が少ない低侵襲手術 腹腔鏡手術やロボット支援下手術を行っていきます。化学療法や放射線治療を併用した集学的治療を積極的に行います。化学療法に関しては外来化学療法室で安全・安心な環境で治療を受けることができます。肛門に近い癌の場合人工肛門(ストーマ)を造設しなければならないケースが生じます。そのようなストーマ造設症例ではストーマケア外来でWOCNがケアをサポートしていますので安心してその後の生活を送ることができます。

外来診療担当表はこちら

対象疾患

  • 痔核
  • 痔瘻
  • 肛門周囲膿瘍
  • 裂肛
  • 直腸脱
  • 肛門管癌
  • 直腸癌
  • 肛門腫瘍
  • 肛門管腫瘍

特色・取り組み

日本大腸肛門病学会の専門医・指導医・評議員が診療にあたります。
肛門から出血をきたす下血、便に血液が混じる血便、あるいは肛門痛、肛門から腫瘍の脱出・腸管の脱出・痔核の脱出、肛門周囲の感染など様々な症状をきたす疾患が直腸・肛門周囲にはあります。痔核と思ったら直腸癌・肛門管癌であったということもあります。まずは専門医に診察させていただき、適切な検査を行い、診断を下したのちに、最適の治療を提供します。
① 直腸癌・肛門管癌
1. 低侵襲手術へのこだわり
・腹腔鏡手術
・ロボット手術
2. 機能温存手術
・自律神経温存手術 排尿機能・性機能障害をできるだけ避ける
・肛門温存 直腸癌症例に対する究極の肛門温存術:内肛門括約筋切除(ISR)できるだけ永久人工肛門を避ける
3. 進行直腸癌に対する化学放射線療法、あるいはTNT (total neoadjuvant therapy)
・臓器温存
4. 肛門管癌
病理組織所見で扁平上皮癌の場合は放射線化学療法を施行します。それで腫瘍が消失し、根治術が不要となる場合が多いです。腺癌の場合でも術前に放射線化学療法を施行する場合もありますが、根治手術を施行する場合が多いです。

直腸癌、肛門管癌に対する外科手術を施行した場合、S状結腸で永久人工肛門(ストーマ)になる場合も多いと思います。その場合、ストーマケアをストーマ外来で継続的にケアを行いますので、安心してストーマの生活を送ることができます。

② 肛門疾患 痔核、痔瘻、肛門周囲膿瘍
当院では肛門周囲の良性疾患の治療に関しても積極的に行っています。
1. 痔瘻
まず、MRIや大腸内視鏡検査などで確実に診断をつけます。
肛門周囲膿瘍がメインの場合
・局所麻酔下に切開排膿術
痔瘻を形成している場合
・腰椎麻酔下に瘻管開放術
・腰椎麻酔下にシートン法
上記術式を行います。
痔瘻の原因が炎症性腸疾患であるクローン病によることもあります。この場合は消化器内科と共同で治療にあたっています。
2. 痔核
当院では痔核にたいしても治療を行っています。保存的治療を行う場合もありますが、病状によっては積極的に外科的手術を行っています。
・腰椎麻酔下に痔核結紮術
・腰椎麻酔下に硬化療法 (ALTA療法)

③ 直腸脱
肛門から腸管が脱出する病気が直腸脱です。これに対する外科手術を積極的に行っていきます。
・高齢で全身麻酔を施行しにくい患者さんや症状が軽い患者さんには、経会陰的な手術を施行します。
・Gant-三輪-Thiersch法 またはDelorme法
・Altemeier法
・腸管の脱出が多く、全身麻酔をかけることができる場合
・全身麻酔下に経腹的に直腸固定術を行います。当院では腹腔鏡で低侵襲に行うことができます。

このように肛門疾患に対しあらゆる疾患に対応していますのでいつでもご相談ください。

医師紹介

副院長兼外科部長

熊澤 伊和生

くまざわ いわお

資格等
  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本乳癌学会認定医・乳腺認定医
  • 日本がん治療認定機構がん治療認定医
  • 日本静脈経腸栄養学会認定医
  • 臨床研修指導医(プログラム責任者)
  • 日本医師会認定産業医

副院長兼消化器外科部長

髙橋 孝夫

たかはし たかお

資格等
  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定機構がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定(大腸)・ロボット支援手術プロテクター認定
  • 日本ロボット外科学会Robo-Doc Pilot認定
  • 日本ストーマ排泄リハビリテーション学会ストーマ認定士
  • 臨床研修指導医

副院長兼乳腺外科部長

西尾 公利

にしお きみとし

資格等
  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本乳癌学会認定医・乳腺専門医・指導医
  • 日本がん治療認定機構がん治療専門医
  • 臨床研修指導医

血管外科部長

岡田 将直

おかだ まさなお

資格等
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医・消化器がん外科治療認定医
  • マンモグラフィ読影資格

感染制御部長

小島 則昭

こじま のりあき

資格等
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 臨床研修指導医
  • インフェクションコントロールドクター

医長

池庄司 浩臣

いけしょうじ ひろおみ

資格等
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医
  • 検診マンモグラフィ読影資格

医長

佐野 仁哉

さの ひとや

資格等
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 日本緩和医療学会
  • 臨床研修指導医
  • 日本医師会認定産業医

医長

櫻谷 卓司

さくらたに たくじ

資格等
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 日本がん治療認定機構がん治療認定医
  • 臨床研修指導医

医師

水野 万知

みずの まち

資格等
  • 臨床研修指導医

名誉院長

飯田 辰美

いいだ たつみ

資格等
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本肝胆膵外科学会名誉高度技能指導医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本腹部救急医学会暫定指導医
  • 臨床研修指導医
  • 日本医師会認定産業医

診療についてのお問い合わせ

西濃厚生病院 企画総務課
0585-36-1100

受付 8:30 ~ 17:15(月~金)

PAGETOP
0585-36-1100
メニュー